絶対に成功させたい!?注文住宅の家づくりで役立つ豆知識を分かりやすく解説

このサイトでは、夢のマイホームを注文住宅を建てたいとお考えの方へ、家づくりに役立つ豆知識などをまとめて紹介しています。
夢のマイホームの内装やデザインを考えるのは楽しいですが、ちょっと知っておくと後々便利なこともたくさんあります。
老後のためにもユニバーサルデザインを考えたり、思い切って平屋を検討してみたりと、検討すべき点はたくさんありますので、こちらのサイトを見て視野を広げたり、新たな発見があると良いですね。

絶対に成功させたい!?注文住宅の家づくりで役立つ豆知識を分かりやすく解説

注文住宅では、設計上問題が無ければ、自分の思い通りの間取りやデザインを希望できます。
しかし素人の考える間取りのままでは、実際に住んでみると不便だったり、不足していたりすることがあります。
まずは住宅メーカーや工務店の担当者に、「こんな暮らしがしたい」という漠然とした理想を話してみると良いです。
注文住宅の家づくりを成功させるためには、家づくりのプロにまずお任せしてみて、詳細な部分を自分の思い通りにデザインするのが良いでしょう。

狭小敷地でも様々なデザインで注文住宅を建てることができる

注文住宅と言えば、狭小敷地でも建てることが可能になっています。
デザインなどによっても大きく変わりますから、もし考えているようであれば、デザインも考慮しておくといいでしょう。
注文住宅の魅力と言えば、家が出来上がっていますから、すぐに入所出来ることです。
よほどのことがない限り、このような住宅に住むことも良いものです。
一生住むわけですからゆとりある、かつ癒しの空間を作ってくれます。
自分や家族が住むので、よく考えてから決めていくといいでしょう。
そのことで考え方がスムーズにいくはずとなります。
リフォームのときなどにも他の家を参考にするといいかもしれません。
その方が色々と勉強になることは確かなことです。
拘りの住まいがあれば別ですが、なければ注文住宅で決めていってもいいかもしれません。
家の中で大きな絆ができて、いい思い出になることは間違いないのです。
自分のお好みの空間を占領している王様といった感じです。

注文住宅で人気の間取りや間取りづくりのポイント

設備や外壁などを住む人の好みに合わせて決められる、オンリーワンの注文住宅を建てたいという人もいるのではないでしょうか。
そのような注文住宅で人気の間取りには、住む人たちが自然にコミュニケーションを取ることができるものが人気があります。
ちょうど良い距離感で互いに過ごすことができれば安心ですし、ストレスも溜めずに生活できるはずです。
他にはキッチンの近くにパントリーや主婦に便利なちょっとしたスペースを設けるものが挙げられます。
家事の合間に使うのに便利なフリースペースがあると、忙しい人でも時間を有効に使えて便利です。
間取りづくりをする際のポイントは、住む人のライフスタイルや家族構成、生活動線に配慮することです。
家に帰ってきてからの過ごし方を考えて、部屋を配置することで暮らしやすい家にすることができるでしょう。
それから玄関と各部屋との距離を考えて、どの部屋へでもスムーズに行けるようにするのがおすすめです。

注文住宅のオーダー方法には3つの種類がある

家を建てるなら、やはりこだわりや希望をふんだんに入れることができる注文住宅にしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
注文住宅を建てるなら、そのオーダー方法も知っておきましょう。
注文方法には3つの種類があるので、最適な方法を選びましょう。
企画住宅方式はあらかじめ間取りや設備、部品などが決まっています。
規格化されているので完成した時のイメージもつかみやすく、短期間で家を建てられる安く購入できるというメリットがあります。
自由度が低いのはデメリットといえるでしょう。
セミオーダー式はフルオーダーと企画住宅方式の中間的な存在です。
規格がある程度決まっており、その中から希望を組み合わせていくことができます。
フルオーダー方式は、希望や条件、こだわりをすべて取り入れることができるので、自由度も高く個性的な家を作れるのがメリットです。
細部までこだわりを持ちたい人に向いていますが、完成まで時間がかかることや費用が高くなることは理解しておきたいところです。

注文住宅のトレンドでもあるスマートハウスやZEHとは?

現在の注文住宅のトレンドは、スマートハウスやZEH(ゼッチ)です。
スマートハウスはhome energy management system(HEMS)を利用して、家の設備や家電の消費エネルギーを最適化できる住宅です。
太陽光発電などでエネルギーを作り出し蓄電池で溜めて、電気を好きなときに使えます。
HEMSで家の消費電力などを見える化できるので、光熱費を節約できCO2の削減にもつながります。
注文住宅のもう1つのトレンドであるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は高断熱で冷暖房に使う電力を最小限に抑え、高性能の設備で電力を上手く使うことを目指す家です。
その上で、太陽光などの再生可能エネルギーを導入します。
ZEHは快適な室内環境を確保し、なおかつ年間の一次エネルギーの消費量をゼロにすることを目的としています。
前者はエネルギーを作り出すことに重点をおいた家であり、ZEHは省エネに重点をおいた家といえそうです。

注文住宅の間取りは広さよりも家具の配置と収納を重視しよう

住宅に関して誤解をしている人がいますが、その多くは住宅が広ければ良いと言う考え方です。
確かに日本の住宅は海外のものに比べると狭いところが多い傾向にあります。
それ故その反動で、広い住宅が良いと思い込んでしまっているきらいがあるかもしれません。
ところが、注文住宅を建築する場合にはあまり広げれば良いというわけではなく、それ以外の目的にかなった住宅づくりが重要です。
具体的に述べると、注文住宅を建築する場合にはまず家具の配置を考えなければいけません。
部屋はそれなりに広いけども、家具の置き場所がうまく定まらないような住宅も少なくないです。
特に、家族が増えていく場合に関しては予想よりも家具を置く場所を広めに設置しなければいけません。
そうすると最終的には、単純に広さよりも家具の動きやすさを重視する方が良いでしょう。
それに加えて、収納も重要になります。家族の人数が増えた場合や子供が大人になるにつれ、ものが増えていく傾向がありますがこの時収納があれば部屋の中が散らかるようなことがありません。
階段にものをおかなくても良くなります。

注文住宅で後悔しない良い間取りは収納にある?

注文住宅は細かなこだわりを入れることができるので、満足な仕上りを得られることも多くなっています。
とはいえ、実際に完成するまでにはすべてを確認することはできません。
それゆえ、完成後に失敗したと感じる人も少なくないといわれています。
まず、注文住宅では間取りを自由に選ぶことができますが、収納部分が少ないと部屋が散らかりやすくなってしまいます。
予算を抑えるには、クローゼットなどを少なくすることも考えていきますが、あまりに極端に減らすと入居後に困ることになります。
特にキッチンは食材や調理器具、食器類など様々なものを置くことになりますので、それらがきちんと収まる場所を確保しておきたいところです。
かといって、収納を多く取り過ぎるとそれだけ部屋も狭くなります。
空きスペースに余裕があると、そこにどんどん物を入れていくので、死蔵品がたまってしまう可能性もあります。
パントリーやクローゼットを設置する場所を間違うと、間取りにも影響が出てしまいますので動線のことも考えて最適な場所を選びましょう。

注文住宅の間取りは玄関や階段の位置およびリビング階段の有無である程度の形が決まる

リビング階段は、名前の通り家のリビングに2階への階段を設けるものです。
注文住宅を建てる際に、リビング階段に憧れる方も多いでしょう。
実はこの位置によって、間取りはある程度決まります。
それは玄関から必ずリビングを通じて、各部屋に入るという設計になるからです。
よって、玄関の位置も階段からほど近い場所に決められます。
注文住宅を建てるメリットには、デザインの自由度の高さもあるでしょう。
こうした事例を通じ、物の位置や玄関の場所をよく考えることも大切です。
注文住宅を希望するなら、家族のコミュニケーションがより活発になるものが好ましいと言えます。
リビングにある階段は、リビングで必ず家族のふれあいが発生するものです。
誰かが家に出入りする時に、ひとりであるということが減ります。
だからこそ、小さい子どもやお年寄りがいる家庭には向いている可能性もあるのです。
広くリビングの空間を取るなら、階段がアクセントとなることもあります。

フルオーダー方式は注文住宅の中でも最も自由度が高い家づくり

注文住宅は、オーダー方法が3つあることをご存じでしょうか。
一般的に、注文住宅は自分たちが希望する間取りの家を建てることができるなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、ハウスメーカーなどの場合は企画住宅方式やセミオーダー方式などを採用しているので、予め間取りの設計プランが決まっていたり利用する設備も選択肢の中から決めるなどのやり方になるため、理想通りの家づくりができないこともあります。
その点、フルオーダー方式の場合は設計図を白紙の状態から書き上げるスタイル、間取りや設備はもちろん外観なども好みの家にできるメリットがあります。
ただ、この場合は値段が高額になりやすいことや打ち合わせにかかる期間が長期になるので、じっくり家づくりを楽しみたいと同時にある程度予算に余裕がある場合に利用できる方法といえます。
ちなみに、セミオーダー方式は企画住宅とフルオーダー方式の中間に位置づけされている注文住宅のオーダー方法です。

注文住宅のトレンドの一つ2020年の省エネ基準適合住宅の義務化とは?

2020年に省エネ基準適合住宅の義務化というキーワードが存在していました。
注文住宅を建築する際に省エネ住宅への適合が義務となるはずだったからです。
省エネ基準は1980年に初めて設けられており、その後92年・99年・2013年と強化された基準となっていきました。
改正は2015年4月から住宅に対して完全施工化されましたが、義務ではありません。
あくまでも施主が努力義務で行うものという判断だったといいます。
しかし、2020年からは義務となることになったといわれていました。
省エネ基準適合義務化は2016年基準以上の断熱機能のない住宅を建てることができなくなる制度です。
それ以下の断熱は許可されないはずでしたが、地球環境のことを考えて作られることが住宅自体に必要となったことが明文化されたといいます。
国交省から延期の通達が出され、2020年の義務とすることは見送られていますが、注文住宅の省エネが各メーカーで意識されるようになったのは事実です。

注文住宅は自分のライフスタイルに合わせやすい

注文住宅のメリットは自分のライフスタイルに合わせやすいことが挙げられます。建売住宅は、もちろんハウスメーカーによって様々なコンセプトを売り物にしており、中には非常に自分に合っているものもあるかもしれませんが、だいたいは平均的な住まいとなっています。この部分は良いと思っても別の箇所は好みに合わないというようなことはごく普通に起こるわけです。
この点、注文住宅であれば細かい点まで好みに合わせることが可能で、これが大きなメリットになります。ただしもちろんその分だけコストはかかりますので、真の意味で完璧にできるかと言えば実際問題としては予算という壁が立ちはだかるかもしれませんから注意は必要です。また、オーナーの好き嫌いが反映された注文住宅は、将来的に売却したいとなった場合には一般受けしない可能性があるということから、同程度の建売住宅と比較した場合に買取価格が安くなりがちですので、この点も気をつける必要があります。

注文住宅は移動の流れを意味する生活動線が大切

注文住宅は間取りの検討において、移動の流れの生活動線も一緒に考えて決めることが大切ではないでしょうか。家では一箇所に留まって生活するわけではなく、必要に応じた移動が発生します。
調理をするキッチンと食事を摂るダイニングは、代表的な生活動線の1つです。キッチンとダイニングの間が移動しやすく、快適に行き来できると、食事の準備も後片付けも楽になります。注文住宅では、バスルームと洗面所の位置関係も考える必要があります。準備に忙しい朝と、1日を終えた夜に利用するので、移動にストレスを感じにくい位置関係に設計するのが望ましいです。クローゼットを近くに設けると、取りに行くのが楽になります。ベッドルームも近づけることで、1日の疲れを癒やしてしっかりリフレッシュしてから翌日を迎えられます。子供が生活する注文住宅だと、子供部屋とリビングの位置関係も大事ですし、高齢者世帯ならリビングとトイレの移動経路、距離も重要なのではないでしょうか。

注文住宅を建てるのに最適な条件の土地とは?

日本は、日本銀行の異次元の金融緩和により先進国でも類を見ないほど、低金利社会です。そのため、住宅ローンの金利も長年低水準のまま推移しているのが現状です。このことから、金利が上昇しないうちに家を建てようと考えている方も多いでしょう。しかし、家を建てるすなわち注文住宅の建設には場所選びからスタートしなければなりません。
この場所すなわち土地選びを失敗するとせっかく注文住宅を建てても後悔するということになるでしょう。そこで、最適な場所選びをお教えします。注文住宅を建築するのに最適な場所は市街化区域内です。このエリアは用途地域の制限はありますが基本的には許可を得ずに建てることが出来るからです。また隣地が空き地となっていない場所を選ぶほうが良いです。隣地が空き地の場合、将来その場所に住宅が建てられる可能性が高いといえます。従って、日当たりを重視した間取りを考えても、住宅が後から建設されたため無駄になってしまったということが起こり得ます。

注文住宅のテイストに関わる主な要素とは?

注文住宅は建てる人によってテイストが大きく異なります。建売住宅と同じように洋風のものが多いですが、近年は和風モダンを取り入れるケースも増えてきました。また働き方改革などの影響により、テレワークが浸透したことも関係があります。
自宅の中に仕事用のスペースを設け、その一角だけはプライバシーが保護されるように工夫しているのです。敷居を移動させて、テレワークのときだけ区切れるようにしているところも見受けられます。いずれにせよ仕事をメインに考えている世代の場合、全体的にシックで高級感のある雰囲気になりやすいです。一方、若い夫婦の場合は柔らかい空気感の住まいを目指すことも多いです。あえて間取り間の敷居を減らすことで、家族の顔が見えやすい状況にするという手もあります。外観と内装のバランスもよく重視されるポイントです。特に外環に関しては街並みに合うように調整することが少なくありません。このように多くの面を考慮したうえで注文住宅の方向性を決定します。

注文住宅なら自由自在に自分の要望を取り入れられる

もっとこうしてあったら快適に過ごすことができるのに、更にこうした方がより家族全員が安心して暮らせるようになるのになど、理想としているマイホームに近づけるようにするための要素が常に出てきてしまうことは致し方ないことです。
しかし、値段の安さなどにつられて買ってしまった物件の場合、後で後悔してしまう確率が非常に高くなってしまってあまりおすすめできないのが現状なので、そうならない為にも質の高い注文住宅を依頼してみることを強くおすすめします。
注文住宅の素晴らしいところは、とにかく自由自在に自分の要望をしっかりと伝えることができる点です。設計の段階から担当スタッフの方と入念なやりとりをすることができるので、取り入れて欲しい要望などを可能な限り実現させてもらえる努力をしてくれる他、元々考えていた予算の範囲内で素敵な家づくりを可能にしてくれるのできっと満足できるでしょう。
ただし、どの工務店を利用するかについては必ずよく考えてから選ぶことをおすすめします。